WORKS
PERFORMANCE
BLOG
CONTACT



 










GALLERY2008/6/21(Sat)

黄金鳥(ougoncyou) 刺青(-SHISEI Jyunichiro Tanizaki-) 悪酔い(Drunkenness
) 干支・亥年(ETO-2007Wild boar) 干支・戌年(ETO-2006dog) 干支・酉年(ETO-2005Coccadorl) 懇願(kongan) 大海原(oounabara) 浮気(Chastisement) 人魚(Mermaid) 鈍み(Dull pain) 読書(Reading) 顔(face) 絡まる髪(Hair that gets twisted) 金色夜叉(konjikiyasya) 海(sea) 怪盗(20mensou) 未来予想図(bad To-Morrow) 天城越え(amagigoe) ストリップピンク(strippink) おとなのおんな(lolitacomplex) 僕ら(octpus and fish) バスタイム(Bus time) スカトロバレンタイン(scatology) 酔いどれしがらみ知らんがな!(sexsexsex!)

歌いながら線路沿いを家へと少し歩いた…。 2011/12/24(Sat)18:52
merikuri2.jpg 600×852 745K何もかもがきらめいてがむしゃらに火の粉追いかけた…


いつかのメリークリスマス大好きです。





【春画アンソロジー企画】「どうしてこうなった!江戸春画枕絵考察(仮)」 2011/12/23(Fri)00:25
478243273.jpeg 600×450 83K

先月の個展は本当に一ヶ月間、おまけの一日も含めて、お越し下さった皆様、ありがとう御座いました。感謝しても仕切れない程、充実に溢れた一ヶ月でした。

また、個展で再発行した作品集ですが、東京ではヴァニラ画廊さんで既にお取り扱いいただいております。関西はガケ書房を中心に、全国区はまんだらけを予定しております(直通販も近々開始します)。
お値段は1050円です。

さて、来年の予定です。
今年のパゾリーニ展にて田亀源五郎先生とご縁が出来、
そしてまたまたそこからのご縁で、岡田屋鉄蔵先生 http://okdy.sakura.ne.jp/ 主催
歌川国芳の謎多き春画の一枚をテーマにしたアンソロジーに参加させていただくことになりました。
発行は野郎フェス http://yaroufes.info/ を予定という形で企画のご案内をいただいております。


ーーーーー
■タイトル
「どうしてこうなった!江戸春画枕絵考察(仮)」

■執筆予定者(敬称略)
田亀源五郎
ZIN 
大谷景
かふお
DREE 
乳★頭
山田参助
中野氏 
岡惚屋淫鉄 

※メンバーは予告なく変更になる場合があるかもしれません。

■企画内容
歌川国芳画の春画集「当世吾妻婦理」に載っている不思議な春画。
男女のアレコレを扱った前後の脈略からどうしても理解できないこの一枚、
美女を尻目に紋々背負った兄貴たちが口を吸い合い、そこへ意気揚々と参加しようとする別の兄貴。
一体どう言うシチュエーションで何を思って国芳師匠がこれを描いたのか…



ーーーー

大変豪華なメンバー&テーマでどっきどきですが、がっつり楽しんで漫画を描かせていただきます。
よろしくお願い致します。続報もまた続々と!楽しみにしていてください。



年末は27日から30日まで東京でゆっくり過ごします。
画像は、持て余した化粧品や古雑誌をなんとかする系作品。
おもいのほかピンク中心でかわいくなりましたがま〜も〜マニキュアがくっさい!

それでは、今年は本当にありがとう御座いました。
来年もよろしくお願い致します。

各所お正月ご挨拶に伺わせていただきます〜!





ひとまず、終了! 2011/12/01(Thu)06:08
1800388601_154.jpeg 375×500 160K

かふお初個展、「主観の延長上にある客観」。
起こしくださいましてありがとうございました。
本日1日は実の親も含め、
vip感謝デーと言ったところでしょうか。
搬出までの時間、期間中くる事が難しかった方に、おまけの一日開催をいたします。
一応、夕方5時ごろから。

この一ヶ月間、本当にいろんな人と出逢い、多忙極まりながらも(スケジュール管理できてない自分が悪いんだ笑)、
概ね健康に、風邪もマッハで治したりと、パワフルに過ごすことができました。

ショーの評判も上場、サキノハカでのモデルさんを使用したショーでもそうでしたが、私は基本的に場所に合わせて特に説明的でなく、人が楽しめるもの、というものを念頭において活動しており、辛気臭いコンセプトは基本的に練っていません。

頭でっかちで解説的なものは見てる側は面倒で押し付けがましいと感じるのみだと思っています。
今回場所に選んだ汚点紫さんは、カオス、ミックスカルチャーの代表のような場所でもあり、今回この場で、馴れ合いの延長でなく、プロフェッショナルな音源を作る方や、各方面本気で活動していらっしゃる方
また、各芸大の学生さんなと、垣根を超え、本位の意味でのいろんな方にご覧いただき、またご意見やディープトークをさせていただき、本当に実り多い期間でした。

今後も、頑張って行きたいと思います。とにかく、今回起こしくださいました皆様、本当にありがとうございました。

また後日写真を交えてお伝えしたいと思います。





1999/04/ 
2004/11/ 
2008/03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 
2009/01/ 02/ 03/ 05/ 10/ 11/ 12/ 
2011/02/ 03/ 04/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/ 
2012/01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/ 
2013/01/ 02/ 03/ 05/ 06/ 07/ 08/ 10/ 11/ 12/ 
2014/01/ 02/ 05/ 06/ 07/ 09/ 
2015/02/ 09/ 10/ 
2016/06/ 

一覧 / 検索
LogList ImgList Top

Copyright (C) 2008-2016 KafuoAkae All Rights Reserved.