WORKS
PERFORMANCE
BLOG
CONTACT



 










GALLERY2008/6/21(Sat)

黄金鳥(ougoncyou) 刺青(-SHISEI Jyunichiro Tanizaki-) 悪酔い(Drunkenness
) 干支・亥年(ETO-2007Wild boar) 干支・戌年(ETO-2006dog) 干支・酉年(ETO-2005Coccadorl) 懇願(kongan) 大海原(oounabara) 浮気(Chastisement) 人魚(Mermaid) 鈍み(Dull pain) 読書(Reading) 顔(face) 絡まる髪(Hair that gets twisted) 金色夜叉(konjikiyasya) 海(sea) 怪盗(20mensou) 未来予想図(bad To-Morrow) 天城越え(amagigoe) ストリップピンク(strippink) おとなのおんな(lolitacomplex) 僕ら(octpus and fish) バスタイム(Bus time) スカトロバレンタイン(scatology) 酔いどれしがらみ知らんがな!(sexsexsex!)

アダルトの定義 2012/06/08(Fri)03:27
KASABURANKA.jpg 600×424 280K

以前の図録の印刷の際も思ったのですが、本当に難しい問題だなあと思って。
今回この作品も一部印刷所でアウトだったんですね。
ただし、前回の個展の作品はオールOKだったんです。
性器描写はそちらのほうがハッキリはしているのですが。
何が引っかかって何が大丈夫なのかなあと、作風が作風だけに毎回ある程度は悩んでいます。

スケベティストを名乗っていますが、
私にとってあんまりに自然な事なので実際自分の作品が猥褻的なものであるという意識があまりない。
むしろ第三者の目でそうとって頂けたら、こちらとしては嬉しい限りなんですが。

仕方の無い事ですし,こういう事に関して文句言うつもりは一切無いんですが、まあ難しいなあと。
私性器は美しい物だと思っていますし,肉体の欠損も美しい物だと思っています。
欠損については絵の中の本人が誇らしくしている事が大前提なのですが。

妖怪画に近い物として描いているのでそう思うのかもしれないなあ。
お化けは死なないからね。

儚そうな物よりしぶとそうで図太そうなのが好きです。





BARBARA due.にて長期展示etc... 2012/06/04(Mon)10:39
600.jpg 600×888 378K

6月6日、札幌すすきのOPENのアートラウンジBARBARA due.にて、
オープンから長期個展開催決定足しました。
現在新作ももちろん制作に追われております。
展示名は勝手に決めましたがジュリーで。

今月21〜30まで、私本人もスタッフとして在籍予定です。

また、すすきの傀儡堂弐にて、小夜子女王様復活!
赤江小夜子として、本体は赤江かふお、がんばります。
まってろ北海道のM男!むっちむちボディーで窒息させてくれるわ!!
またこちらの傀儡堂弐、ビアンコースもあるとか。
私はこちらのコースOKですので、北海道のM女さん、是非遊びましょう[m:47]

またBARBARA due.では各種物販もお買い求め戴けます。
是非ともアートを愛でながら、ゆっくりお話ししましょう!
もちろん女性の方大歓迎です。ふか〜いお話が出来る面白いお店ですので是非。
http://www.bar-bara.com/index.html

また札幌から帰宅後7月暫定5日、ザムザ阿佐ヶ谷で、
株式会社桃太郎による「むさぼる」というストーリー重視AV作品のパフォーマンスを行います。
(入場料要)

こちらでは書き下ろしイラストも使用、販売されます。
http://www.indies-av.co.jp/kouhou/archives/19172

そして7月15日は秘密結社サキノハカ主催「夜光金魚」に
パフォーマンス出演&ブース出展を行います。
http://www.sakinohaka.com/main9.html
是非オシャレしてきて下さ〜い!

ぜひともお越し下さいませ。





★5月〜6月のお知らせ 2012/05/19(Sat)00:09
dousitekounatta.gif 600×415 157K

5月26日開催、野郎フェス http://yaroufes.info/ にて、
岡田屋鉄蔵先生主催の、歌川国芳、謎の春画アンソロジー、
「大江戸春画枕絵考察 どうしてこうなった?!」が発売されます。
こちらに八ページ漫画を寄稿させて頂きました。
参加者様は以下非常に豪華なメンバーです。

A5/84p/オフセットフルカラー/¥1000

■執筆陣合計八名!■
田亀源五郎 様 (漫画)
かふお  (漫画)
ZIN 様 (漫画)
山田参助 様(画)
奥津直道 様 (画)
DREE 様 (文)
乳★頭 様 (画・連作)
岡惚屋淫鉄 様(漫画)


通販もイベント後に予定とのことです。
詳しくはこちら、岡田屋先生のオフライン情報へ! 
http://d.hatena.ne.jp/OKDY/touch/20120518#p1


また、6月中旬より、京都、祇園で16年の歴史を誇るビザールラウンジ
BAR-BARA が北海道は札幌にオープンします(ギャラリー併設)。
そちらのギャラリースペースにメインで作品を数店常設展示して頂きます。
私本人も中旬以降、オープンスタッフとして在籍しております。
是非遊びに来てください。
オープン日等、詳しくはこちらへどうぞ。女性の方も来易いお店です。
http://www.bar-bara.com/pc/top.html

また、SMネーム、小夜子としても復活予定です。飛鳥ママに赤江瀑のイメージより、
赤江 の苗字を戴きました。お名前を戴くのがこんなに嬉しいとは思いませんでした。
作家名は変わらずかふおですが、今後正式には赤江かふおと名乗ります。
またSM関係所属の際は赤江小夜子となります。
小夜子ブログの方も更新予定ですので、またよろしくお願いします(18歳未満閲覧禁止

というわけで!今後とも!頑張ります!意気込みます!
今後ともよろしくお願いします。





何者であるかという事 2012/04/03(Tue)21:23
atopi.jpg 800×608 235K

ここの所色々と思う事が多く、いわゆる迷走というのをしておりました。
4〜5年に1回ぐらい来る波で、理由は「自分はどうあるべきか」を、他の誰か
例えば職業、年齢等単純に自分と似た状態の人間(他人にも関わらず)と比べ、
それぞれ状況が違い、成長するスピードという物も違う事に解ったような振りをしながら
実は気に留めていて、意固地に自己を保とうとしすぎ、本質が見えなくなるような。
そんな時期がありまして。

要は自分を見つめ直す機会=脱皮のチャンスなんです。
自分でも解らない状況は人に説明などできないという事を再確認するチャンスでもある。
で、基本的にこれは自分で乗り越える期間でしかない事は理屈では解るのですが、
感情面で銅貨というと、おそらく誰かに助言を貰いたい。
自分自身を信じきるのにちょっと疲れている状態というか。

ですから闇雲に体当たりをしにいったり、
”この道のプロの方のいう事なんだからそうなのであろう”と、
少しでも自分の頭の中によぎった人に、満身創痍になる覚悟で突っ込んでいく。
場違いであったとしてもそれはそれで一つ経験にはなるし、
動かないと頭でっかちになって、それこそ、
私の私にとっても面白い成長が”終わって”しまう。
というのはたてまえで(笑)、自分の価値観を他人に少し肯定してもらいたい
とかそれだけだったりする事もあるんですな。

人に対する甘えと自虐心という物が同時に押し寄せる時。
ハイパーナルシズム。
愛されたい!褒められたい!素敵な私でいたい!そんな私を見てみたい!

無理です、私が私である限り、私を見るなんて事は不可能なのだから。

前回の個展で一つ開けた道として、人前で何か演じるという事に
可能性の片鱗を少し見つけた気がします。

ただ人格を作り演じるということ、そのものは、
その架空の人物に取り込まれるかもしれない危険な行為でもあるわけです。
精神世界に関しては容易に踏み込んではいけない。
舞台という体で覚える感覚と、その道のプロフェッショナルの方に、
切り替わり方、自己の保ち方を教わらないといけないものでもあるはずです。

ただそれまで一人遊びで漫画の中に自分自身を投影させ舞台や状況を仮として作り、
救われて来た部分が大きい私は、もしかすると始めからこれをやっていた人間かもしれないわけですな。

ようするに何でもやったらいいんでないのと。
私アーティストとも漫画家ともいえない、スケベティストなのだから。


と、ここまでまとまるまでに助言を下さった友人も沢山いるわけで、
今私に確実にある才能と運といえば、人と出逢って刺激を受ける事ができる、それだけです。



ーーーーー

まんだらけにて、個展パンフレット(図録)の販売始まりました。

Web store MANDARAKE
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ja/item_s-857653.html

English
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/en/item_s-857653.html

Kolia
http://ekizo.mandarake.co.jp/shop/ko/item_s-857653.html





バルバラ16周年イベント! 2012/03/05(Mon)13:05
gyaku.jpg 640×272 83K

posted by (C)かふお


どうも。あたまがわれたかふおです。どうも。
今回はゲスト様も非常に豪華ということもあり、緊張&まあその…やらかさないように気をつけてはいたのですが…

そこはかふおくんですね。
撤収後に頭を割る。
そして9針縫う。それだけの大けがにも関わらず頭の中身なんともないっていうこのタフ具合。
これ以上いじりようが無いんですね、わかります。今日抜糸してきましたが。
いや〜〜〜当日は皆さんスミマセンでした…元気です、とても…。

さて、沢山の皆様とお会いする事が出来、小夜子げふんげふんかふお大変ハッスルしておりました。
早乙女さんとお話し出来た事もとても嬉しかったです。
作品を銀座ブラックハートにも置いていただけるとの事で、恐縮です。
是非お見かけの際はパラパラとよろしくお願いします。

そして!新グッズ発売になりました!!
今回のグッズテーマは、お肉3種類の盛り合わせ。
私自身お肉の重なっているのが好きなので!
是非。
白T、ボールペン、メモセットとなかなかに使い易いんではないかなと思われるラインナップでやってみました。
通販頁には随時アップ、また、商品十店舗販売決定しましたらそちらも随時お知らせしたいと思います。

ところで革ジャンとかアパレル系でコラボできる方いらっしゃいましたら是非お気軽にお声かけくださいでごじゃります。

いや〜〜〜!今年も始まったネーー!!!いや、始まってもう3ヶ月目ですが、やっとこねー!!!

がんばります!
よろしくお願い致します!!!

そして当日ご心配おかけした皆様、本当に申し訳有りませんでした涙!私は不死身です。





【かふおブース出展案内】BAR-BARA16周年記念イベント【2月26日】 2012/02/01(Wed)15:17
0226.jpeg 422×600 94K今年一発目のブース出展は!バルバラ周年です!
ーーーーーーーーーーーーーー

2月26日(日)
「BAR-BARA16周年記念イベント」
おかげ様で16周年!今年のイベントも何かが起こる?!
乞うご期待!!!

【16周年記念イベント】
2012/2/26(日)@木屋町BUTTERFLY
http://iflyer.tv/butterfly-kyoto/
OPEN 14:30〜 LAST
ADV  \10.000-(1Drink付き)
お問い合わせ・チケットはBAR・BARAまで
http://www.bar-bara.com/pc/event.html

豪華ゲスト!…
早乙女宏美
飛室イヴ
風宮琴
シモーヌ深雪
上条早樹
鳥肌実
今年も多彩なショーが満載!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

毎年ですが、今回のゲストさんは非常に有名な方ばかり。
飛鳥ママの緊縛ショーも大変たのしみです。

新しいシャツとグッズ出すかな?もちろん、個展図録も販売しています。
洗って落とせるミニボディペ&タトゥーも開催してみようかしら。
五分位で終わるのでちょこっと装いに物足りなさを感じたら是非!☆





2012年。 2012/01/30(Mon)15:28
Aj02vofCIAAuvR6.jpeg 612×816 71K

昨年は様々な方面の皆様にとてもお世話になり、充実した一年を過ごす事が出来ました。
初の個展等、本当に沢山の方のご協力があってこそ実現したものだと思います。
ショーにてあらたな表現法が見つかった昨年。
Ashogiさんのブログでも当日の様子を書いていただいております。
http://asohgi.poolibra.net/archives/1227
http://asohgi.poolibra.net/

今年は更なるステップへふみだすべく、精進してまいります。

2月から、グッズ取扱店が少し増えると思います。
また販売物のお問い合わせ等につきましても、順次反映させていただきたいと思います。

それでは、大変遅くなりましたが、今年もどうかよろしくお願い致します。

かふお





眠りの恐怖 2012/01/04(Wed)22:33
小さい頃から眠るのが下手だった私は、よく夢の世界は死と隣り合わせだと思っています。
実際身体が暫く外的な電源を落として、より死へ近づく成長、つまり代謝にかける時間でもあるわけで理屈としては間違っていない筈。

内面的成長は死と最も遠く、外的成長は死と最も近い乳幼児が起き抜けにぐずるのは、
知らない間に体の電源が落ち、戻ってしまった生まれる前の世界から、一人で生還する事自体が恐怖だからなのではないか、と、今ほど言葉にはできないにしてもかなり幼い頃からずっと思っていて、こういう話をする相手は主に母親でした。

小学生の頃に初潮がきた時、既に死の世界の存在と、自分の生きた証を残す、要するに次の世代、自分がその時を迎えた後の段階に入ったのだなという意識もありました。
(…ここんとこだけ書くと私だけ随分スピリチュアル系なガキみたいですが、
多分第二次成長期の子供は皆その感覚を共有していると思うわけで、それが明らかにあり得ない恐怖を同年代で共有し合う
いわゆる口さけ女や人面犬、花子さんなどの学校の怪談にも繋がっているんだろうなとか思っています。ジュブナイル。)

集団生活、仕事をしながら、睡眠の生活動に及ぼす影響や子宮系の病気に20代前半でようやく気づいたわけですが、気付かせてもらったのは私自身の内面の延滞でもあって、
それからなるべく自分の体調を社会サイクルと合わせやすいように、大体の時期の把握と睡眠の質や時間と予定の兼ね合いを測ってきたわけです。
年々やることが変わりながらも、自分の身体の成長=老いに関係する感情や体調ははごくごくプライベートな問題であって、人それぞれそのサイクルを持っている中でなるべく動きやすく調節しているものが社会のサイクルだと結構身をもって実感しています。

何が言いたいのかわけわかめというか
こういう話は文章として解らん方がいいと思うんですが、この前新幹線の隣で赤ちゃんが起きがけに泣いていたのを見ていて、ううん、やっぱそうなんだろうなあ、とか思ってて。
三つ子の魂百までっつーけど、小さい頃から、眠りが怖いこととか、それはどうしてなんだろうなとか、死の世界の話、異形の話、霊的な話、漠然とした不安を「ばかじゃないの?」と切り捨てない母親で良かったと思います。
うちの母親も狂気の人間だからな。おもろいけど。
マイメロママ入ってるけど。


女子どもの世界て面白い。




歌いながら線路沿いを家へと少し歩いた…。 2011/12/24(Sat)18:52
merikuri2.jpg 600×852 745K何もかもがきらめいてがむしゃらに火の粉追いかけた…


いつかのメリークリスマス大好きです。





【春画アンソロジー企画】「どうしてこうなった!江戸春画枕絵考察(仮)」 2011/12/23(Fri)00:25
478243273.jpeg 600×450 83K

先月の個展は本当に一ヶ月間、おまけの一日も含めて、お越し下さった皆様、ありがとう御座いました。感謝しても仕切れない程、充実に溢れた一ヶ月でした。

また、個展で再発行した作品集ですが、東京ではヴァニラ画廊さんで既にお取り扱いいただいております。関西はガケ書房を中心に、全国区はまんだらけを予定しております(直通販も近々開始します)。
お値段は1050円です。

さて、来年の予定です。
今年のパゾリーニ展にて田亀源五郎先生とご縁が出来、
そしてまたまたそこからのご縁で、岡田屋鉄蔵先生 http://okdy.sakura.ne.jp/ 主催
歌川国芳の謎多き春画の一枚をテーマにしたアンソロジーに参加させていただくことになりました。
発行は野郎フェス http://yaroufes.info/ を予定という形で企画のご案内をいただいております。


ーーーーー
■タイトル
「どうしてこうなった!江戸春画枕絵考察(仮)」

■執筆予定者(敬称略)
田亀源五郎
ZIN 
大谷景
かふお
DREE 
乳★頭
山田参助
中野氏 
岡惚屋淫鉄 

※メンバーは予告なく変更になる場合があるかもしれません。

■企画内容
歌川国芳画の春画集「当世吾妻婦理」に載っている不思議な春画。
男女のアレコレを扱った前後の脈略からどうしても理解できないこの一枚、
美女を尻目に紋々背負った兄貴たちが口を吸い合い、そこへ意気揚々と参加しようとする別の兄貴。
一体どう言うシチュエーションで何を思って国芳師匠がこれを描いたのか…



ーーーー

大変豪華なメンバー&テーマでどっきどきですが、がっつり楽しんで漫画を描かせていただきます。
よろしくお願い致します。続報もまた続々と!楽しみにしていてください。



年末は27日から30日まで東京でゆっくり過ごします。
画像は、持て余した化粧品や古雑誌をなんとかする系作品。
おもいのほかピンク中心でかわいくなりましたがま〜も〜マニキュアがくっさい!

それでは、今年は本当にありがとう御座いました。
来年もよろしくお願い致します。

各所お正月ご挨拶に伺わせていただきます〜!







一覧 / 検索  


LogList ImgList Top

Copyright (C) 2008-2016 KafuoAkae All Rights Reserved.